騎乗位の体位

ここでは騎乗位のやり方の初歩を紹介します。
この体位は、「女性上位」とも言われ、女性が男性の上に乗って腰を振るやり方です。

○流れ

男性が寝て仰向けになる
 ↓
男性はチンコを、自分の体と垂直になるように、寝ながら天井に立つように手でもつ
 ↓
女性が男性の股間あたりに座ってまたがる
 ↓
女性のマンコにチンコを入れる
 ↓
ゆっくりと腰を動かす(*最初から強くやると、チンコとマンコが離れたり痛めたりするので注意する)



女性に腰を上下・または前後に動かしてもらうようにします。


女性が動きながらセックスをおこなうので、女性が主導権をとりやすい体位といえます。
正乗位とちがい、女性側がピストン運動の強さや速さをコントロールするやり方になります。

逆に言うと、自分では動きにくいので早漏気味な人は、女性が強く動いた場合には、思わず射精してしまう可能性があります。イキそうになったら「ゆっくりして」と言ったり止めてもらったりして、精子が出るのをコントロールしましょう。


○メリット

この体位は、女性が積極的に動く必要があるので、
気持ちいいところを、男性が探す必要がなく、女性が自分で探してくれる点が挙げられます。

下から感じている顔を眺めることもでき、
おっぱいが好きな人は、女性の胸がリズムよく動く姿を下から見ることができます。


自分の手を何もせずに遊ばせておかないようにしましょう

おっぱいを持って乳首を刺激してあげたり、クリトリスをさすったり
腰をもったり、お尻の肉をなでてあげて刺激しましょう。


感じ始めてきたら、前後に大きく動くというより、「恥骨を押しつけてくる」ような動きになります。




→「管理人の感想レビュー」はこちら