バックのセックス体位の方法

このページでは、バックの体位の基礎知識を説明します。

○基本のやり方

・女性によつんばいになってもらう
 手と脚のひざをついてもらい、4本足の犬のようなポーズになってもらう
  ↓
・男性はひざをついて、女性の後ろ=お尻側から、チンコを挿入する
  ↓
・女性の腰を両手で持ちながら、前後に腰を振っていきます


○バックの体位のメリット

・深くチンコの挿入ができる体位なので、マンコをかき混ぜたり色々な工夫ができる点、男性が動きやすい方法になります。

・日本人はマンコが「下つき」が多いため、相性が良いやり方(反対に上つきはよくないです)

チンコの亀頭で、子宮を存分に刺激しやすい点


○デメリット

クリトリスがまったく刺激されないので、そこで感じやすい女性には、攻めにくくなります。

マンコに肉棒が挿入されること自体で感じられる、ある程度エッチの感度が良い女性と相性が良いです。

・女性によっては、メリットでもある「深く入ってしまう」点が気になって痛くなる、という人がいます

・「獣同士がエッチしてるみたい」「何を後ろでしているかが分からなくて不安」と思ってバックを嫌がる女性もいます。



女性が感じ始めてきたら、腰のふり幅が前後に長くすると、より気持ち良さが増していきます。

・高まってきたら、音による刺激「パンパンパン」というのを、強く腰を振ることで大きく出せると、盛り上がります。


○注意点

・お互いに向かい合っていないので、どう動いているか分からず、女性の体勢が崩れてしまうこともあります。そうならないために、男性は腰をしっかり持つのは大切です。




→「管理人の感想レビュー」はこちら