立ちバックは、女性を後ろに向かせて下着をずらせば、すぐにチンコを挿入することができるので、外でセックスしたいとき、すぐにヤリたい時に向く体位といえます。

 

○やり方

 

・まずは壁や椅子など、女性が後ろからパンパンと突かれた時に、自分の体を支えられる物があるところまで移動・用意する
   ↓
・女性を壁によりかからせる。この時に自分のチンコがうまく入れられる状態にするために、女性にお尻を突き出させると入れやすくなります。
   ↓
・チンコをもちながら女性の後ろ側からズボッと挿入する
   ↓
・女性の腰をしっかり持ちながら、前後にピストンをする
   ↓
・この状態のまま女性の乳首やおっぱいをもんだり、こちらを向かせてキスをしたりする愛撫もやっておきたいです

 

 


男性側の疲れを軽くする方法は、女性の足を大きく広げると、チンコを入れる高さが下がるので
その分動きの自由度があがって疲れにくくなります。

 

 

○メリット

 

・お風呂やトイレの中など、狭い空間でエッチをする時にやりやすいです。

 

・カップルがデートやうれしいことがあって盛り上がっているタイミングで、情熱的になっている時に一刻も早くセックスしたい時に、女性に提案してやってみると、さらに燃え上がる可能性があります。

 

 

○デメリット

 

・壁などの女性が寄りかかれるものがあるからとはいえ、男性が立ちながらガンガン腰を動かす必要があるので、足や腰が他の体位にくらべると非常につかれます。

 

・挿入の長さは浅く、ピストン運動はやりにくいほうの体位です。

 

・バックで突かれるのに不安感を感じる女性の場合、こちらも立っているとはいえ同じなので、これをやる前はじっくり愛撫をして、女性を安心させる必要があります

 


 

→「管理人の感想レビュー」はこちら