駅弁スタイルのセックスの体位を紹介します。

この体位はAVで時々目にしますが、予想以上に体力を使いますし、男性側の腰への負担も大きいです。

○やり方

・女性と男性が立ちながら向かい合います。
  ↓
・男性が女性を「だっこ」するように、自分の首に彼女の両腕をまわさせます。
 男性は、女性の両足をもってあげます。
  ↓
・両手を駅弁を売る人のように、しっかりのばして女性の足をもって支えます
  ↓
・挿入は、いったん女性の体を上にあげて、穴とチンコを目で確認しながら、自分に引き寄せつつ
 入れます。
  ↓ 
・愛撫は自分の両手がふさがっている状態なので、口だけでおこないます。 
 顔をなめたり、首筋を「ニュルッ」といやらしく舐めてあげると効果的です。


○立ちバックをしたい時に身長差がある場合

「カップルで、女性が背が高く、男性が背が低いケース」

たとえば芸能人で昔うわさになった→「こちらのカップル」みたいなケースを想像してもらえばわかりやすいと思います。

  ↓
・対策

後ろに寄りかかっている女性の両足をじわーっと大きく広げさせましょう

腰の位置が下がるので、低い男性側の身長に、女性のマンコが下がっていきます。

他の効果として、この足のひろげ具合の調整で、チンコの挿入の角度が変わる点です。
そうすると、女性が今まで知らなかった角度のガンガン突かれるので、興奮がますかもしれません。


・また上とは逆のケース、「男性が背がむちゃくちゃ高くて、女性が低いケース」別れちゃったけど、例として元モーニング娘の矢口のような場合は、

今度は男性が左と右の足をガーと大きく広げて、高さを調整するようになります。




→「管理人の感想レビュー」はこちら