ピストン運動では、強く激しく腰を振れば女性が感じるわけではありません。
ちんこを抜いたり、また差したりという単調な繰り返しでは女性は満足しないでしょう。

「ピストン運動を究めるものはセックスを究める」というように、まさに挿入してからが男性の腕の見せ所です。
挿入したら、腰を左右に動かします。すると、膣の中でちんこの向きが変わるのでこれだけでも女性にとってはかなりの刺激になります。

そして、恥骨と恥骨が当たるようにぐりぐりとちんこを奥まで挿入します。そして、クリトリスがうまく刺激されるように調節します。上級者テクニックとして、そこで男性が腰をぐるぐる回転させます。

「自分の膣が、自分の好きな人のちんこにかき回されている」ということで、女性にとっては快感であり、喜びなのです。
ちんこが挿入されていて、さらにクリトリスが刺激を受けるとかなりの快感へつながります。
それを続けているうちに、オーガズムに達する女性もいるでしょう。

騎乗位で女性が上にまたがっている場合には、男性は上下のピストン運動しかできません。
そこで、女性に自分で腰を前後、左右に動かしてもらって、気持ちがいいところを探してもらうのです。

女性が自分で動いて腰を振って喘ぎながら感じているのを見ることで、男性もさらに興奮してきます。
このように、ポイントはちんこの抜き差しという前後の動きだけではなく、左右のアレンジも加えてさまざまな刺激を与えるということなのです。