ピストン運動(男性がセックスで腰を振る時)にはバリエーションが何個かあります。

セックスをする時に男性は、挿れて腰を振りまくって射精すれば気持ちよくなりますが、女性をより満足させるためには、挿入時に色々な動きができた方がよいでしょう。

圧迫ピストン

腰の振るストロークを小さくして、女性の腰を手でもちながら、チンコで締め付けるようなイメージでおこなうピストン


やり方

・正乗位の状態で、チンコを浅めにまずは挿入する
 ↓
女性の腰を手で持ち上げて、チンコの挿入を目いっぱい深く入れる
 ↓
・腰のふり幅は小さくしながら、それよりチンコで、マンコの中(膣・子宮・クリトリス)の奥深くに届くようなイメージで圧力をかけるようにしてピストンをおこないます

・自分の恥骨(左右の足の付け根の真ん中にある骨)をクリトリスに押し付けるようにしながら動くようなイメージとも言えます


前後のピストン

セックスでは基本となる運動といえます。「ズコバコ」と前と後ろにチンコを出し入れするピストンです。

・挿入するときは、ゆっくり優しく入れるようにしましょう。自分の恥骨を女性のにぶつかるように入れるとより良いです。クリトリスが刺激されます。

マンコの浅いところで小さめに腰を振るバリエーションも試してみたいです

リズム感をもって動きましょう。長く振る場合は、時々ゆっくりにしたり早めたりスピードに変化をつけるのも1つです。

・エッチのクライマックスをむかえる場面・女性がイキそうになったら、動きを激しく・ストロークの幅も長く、腰を振るようにしましょう。




→「管理人のくわしい感想レビュー」はこちら