セックスに慣れていないと、彼女とエッチをしていよいよ自分のちんこを入れようとした時に「あれ、入らない」となってしまいます。

戸惑っているうちに、自分のちんこが小さくなる可能性もありますし、女性から「この人、挿れ方もわからないの..」とエッチが下手だと思われる可能性もあります。

そうならないために、ちんこをうまく入れる方法をお伝えします

うまくちんこが入らない原因

1.前戯が足りなくて、女性のまんこが充分に濡れていない

2.ちんことまんこの穴の角度のずれがあるのを理解せずに、やみくもに挿入しようとしている

という点があげられます。


上手にちんこを挿入する方法

いきなりズボッとすぐに自分のちんこの根元まですぐに入れようとしない

亀頭の裏でまんこの穴の入り口を最初になぞります。
 ↓
 ちんことまんこの角度にずれがあるので、亀頭を下げながら、穴の中へゆっくり入れていく
 (*ちんこが上にそれているのとは逆に、下側に突き刺していく、ようなイメージです)

「ちんことまんこの穴の角度のずれ」というのは、男性側はチンコが大きくなると、上側にチンコが向きます。「反りちん」というようにぐいっと上がる感じです


 \|  |体
 ↑
ちんこ


女性側のまんこの穴の中は、正常位の位置で、あおむけになった場合、まっすぐの穴になっているのではなく、斜め下に伸びるトンネルのように下側に伸びています。



────
    /穴

────

そうすると、正常位でセックスをしようとすると、上側に伸びるちんこをそのまま入れても、まんこが下側に向かっているので、構造的に、すっぽりうまく入ることはありません。

ですので上の「挿入する方法」のように

下側に向いたまんこに合わせるように、自分のアソコをずらしながら、ゆっくり入れていくようしましょう。




→「管理人のくわしい感想レビュー」はこちら