前ページの続きで乳首を口と舌を使っての攻め方の2番目になります。


○2.乳首の真ん中を舌の先で押す

これはどういうやり方かというと、舌の先端を女性の乳首にあてて  その状態にしながら、乳首をぐいーっと自分の舌で、押し込むというテクニックです。

ちんこを「バコバコ」と前後に入れるように、舌を前後に動かしてみたり
グーっと乳首を長い時間、押し込んでみる、といったことができます。

例 


\ /
   ○ ←女性の乳首
   || ←男性の舌


○3.舌でころがす

舌を上下左右に回転させながら、乳首の周りをぐるぐると回るような形で、乳首をころがして舐めていきます。

○4.高速でベロベロとする

これはいきなり初めに投入するのではなく、ある程度ゆっくりなめたり 他のテクニックで舐めた後におこなうとよいでしょう。


○5.乳輪と乳首を合わせてグルっとなめる

階段をのぼっていくかのように、乳輪→乳首、と到達させる舐め方です。

まずは乳輪をグーッと舌を回転させながら、時計回りでも反周りでもいいので、じっくりなめます。

この時はまだ乳首は舐めません。乳輪を全部なめおわったら、今度は乳首も同じように舌をまわしながらゆっくりなめてあげます。


○8.乳首の横側をなめる

なめる位置にもバリエーションをつけられます。先っぽをスポスポと舐めるのでなく、乳首の側面をグルーと舌を使って全部なめてあげたり レロレロと動かしながら、側面をなめてあげると感じやすくなります。


○9.口の中にふくむ

乳首を甘いあめ玉のように味わうようなイメージです。口におっぱいを含んで、じっくりと時間をかけてそのままずっとおっぱいを口に入れたままにしておきます。

舌を動かす場合は、他のテクニックの動かし方を取り入れてもいいですし、動かさずに舌をつけたままにしておく、というのもやり方としてはいいでしょう。




→「管理人の感想レビュー」はこちら