ここではまんことクリトリスを指でさわる時に覚えておいた方がいい点を紹介します

・ずばり強くさわり過ぎない、なめすぎない

という点になります。

男性が考えている以上に弱くゆっくりとさわることが大切です。


クリトリスをさわる時は

・指がクリにさわるか分からないくらいの強さで刺激するようにします。

クリトリスの女性の感度は、男性のちんこの先の20倍くらいと言われています。
ですので、男性がオナニーでちんこをしごくような強い動きは必要なく、優しくあつかうようにしましょう。

男性側から逆に考えてみて、女性からフェラチオでちんこをなめられる時に ちんこを「強くガシガシ」とずっとなめられ続けるよりやさしくそんなに強くない程度に、色んな角度をなめられた方が気持ちいいです。

またアナルを指でガンガンと強くいじられまくったら、それだけで次の日に、お尻の穴が痛くて、次の日に椅子に座れなくなってしまいます。

それと同じ話であり、さらに女性のマンコは男性のちんこのように外に出ている部分でなく内側に閉じられていて、余計に敏感な場所なので、より優しく扱ってあげるようにしましょう。


あなたとのセックスで、「指でやられるのが痛い」というのが3回も続くと

彼女はあなたとのセックスを苦痛に感じて、嫌だと思われる原因になります。

女性はセックスの時に、「痛い」と口に出してくれればいいですが、男性に遠慮して言わないことが多いです。
男性側が察して、「痛くない?」「もう少し弱い方がいい?」などと聞いてあげるようにしましょう。

またその強さは「どれを強いと感じるか、弱いと感じるか」は女性によって個人差もあります。

「マンコを指でいじられると痛い、なめるのは大丈夫」という人もいたり全然大丈夫な人もいます。
そこもセックスの時に聞きながら、反応をみながらやるようにしましょう。




→「管理人の感想レビュー」はこちら