Gスポットのさわり方の応用編・合わせ技を説明します

○1 舐めながらさわる方法

・マンコをなめる体勢になれるように、彼女をあおむけにして自分は寝ころびます
  ↓
・マンコの中に指をいれて、Gスポットの位置に置きます
  ↓
・クリトリスの豆を、なめるようにします
  ↓
・ゆっくりと指でGスポットを刺激しながら、クリトリスを同時になめていきます

*指の出し入れが疲れる場合は、動かさずに入れたままの状態にして、クリトリスをなめるのでも大丈夫です


○2 子宮とGスポットを同時に刺激

このページのやり方でまずは2本の指を、膣の中にいれます
  ↓
・指をひろげて、中指を子宮に届くように、ピンとまっすぐにして深く入るようにします

 人差し指は折り曲げて、Gスポットに当たるようにします

  ↓
・子宮とGスポットを刺激するイメージで両方の指を動かします


○3 両手を使うやり方

・片方の手(自分の利き手)をGスポットの刺激のためにまんこの中に入れます
  ↓
・もう片方の手の指を、クリトリスの皮のところに置きます
  ↓
・Gスポットを刺激しながら、クリトリスも皮の上から弱めに動かして連動させて刺激します


○4 片方の手でおこなう方法

・人差し指と中指をマンコの中に入れます
  ↓
・同じ手の親指を、クリトリスの豆に、腹の部分が当たるようにおきます
  ↓
・Gスポットを指を前後して、かき出す動きをしながら、親指を軽く回しながらクリにも刺激をあたえます


○他 さわり方の注意点

・Gスポットの上側には「おしっこを貯めている膀胱」があります。

 膀胱のふくらんだ部分を押すようなイメージでさわっていきます

・時計回りにまわすように刺激したりするのも良いです

・膣の上をゴシゴシと強く指を動かすのは、刺激が強くて痛いと感じる女性もいるので控えましょう




→「管理人の感想レビュー」はこちら