ここでは女性が「イク=オーガズム」になる時のことを説明します。

男性から見れば、女性が「イッた」というのは分かりにくいと言われています。

男はチンコから精液が出る瞬間い気持ちよくなって、ドピュドピュ出れば、
イッたことが分かりますが、女性はそのようにはなりません。


○女性がイク瞬間はどういう風になるか?

女性がオーガズムを向かえる瞬間は、上体をのけぞったり、ピクピクと小刻みに震えたります。あえぎ声が大きくなる子もいます。

体のシステムで見ると、「女性がイク」というのは、子宮が震えながら小さくなっていく瞬間でもあります。
膣の近くの筋肉が気持ちよさで、伸びたり縮んだりします。これがビクビクと震えているように見える原因です。

○イった時の感じ方は女性によってさまざま

オーガズムをむかえる時の感想はその子によってちがいます。「子宮の奥からジンジンと熱い感じがする」
「天の頂上までのぼった感じ」「「失神したような状態になる」「涙が出てしまう」「頭が真っ白になる」
などその感じ方はさまざまです。

ですのでイッタかどうかは女性が普段のセックスとちがう深い快感になった時はどうか、自分がどのようになるかを何度も味わって、感じ取っていくしかありません。


○どこを刺激されるとイクのか

これも女性によってちがいます。大きくは「クリトリス・子宮・膣」の3つのどこかの場所を気持ちよく刺激されることで、オーガズムをむかえることができます。

セックスの時は、3か所の刺激をそれぞれ試してみて、どこが良いかを探っていくことが必要です。
ただし「膣でのオーガズム」はセックスの経験の浅い子では起きにくいと言われています。


○イッたかどうかを判別する方法

男性であれば射精したタイミングですが、女性は外から見ただけではわかりません。

1つの見分け方は、膣の深い部分が、伸びたり縮んだりしているのを感じられればオーガズムに達しているといえます。




→「管理人のくわしい感想レビュー」はこちら