前ページで見た性感帯の一覧からさらにくわしく部位ごとに見ていきます。

 

○乳首

 

セックスにおいて、乳首の愛撫は大切です。乳首はセックスの快感を非常に感じやすい場所です。

 

刺激に対してすごく敏感に反応する機能が集まっています。感じると乳首は、コリコリと固くなり大きくなります。

 

 

○まんこ

 

「クリトリス」(リンク)
「Gスポット」(リンク)

 

 

○唇

 

女性は唇の感じやすさは、男性に比べるとすごく高いです。
「ファーストキス」という言葉があるとおり、女性が異性を意識するのは、唇へのキスから始まります。セックスの最初もキスから始めるとスムーズにおこなえます。

 

 

○首・うなじ

 

ロングヘアーの女性であれば、髪の毛に隠れている部分であり、皮膚も薄い部分であるので感じやすい人が多いです。

 

 

○脇の下

 

日常生活では服と皮膚に隠れている場所です。刺激されていない場所なので
ここを愛撫したりなめると、ビクッと感じてくれる人もいます。

 

 

○耳

 

たくさんの神経がある場所です。そのため刺激にも敏感に反応しやすい部位と言えます。

 

 

○背中

 

体の中心に走る背骨の部分が性感帯にあたります。「感じる」と認識する脳と、体のあちこちの部分をつないでいます。

 

 

○鎖骨

 

骨が内側にあるので、皮が薄くなっていて感じやすい場所です。

 

 

○太もも

 

まんこに近い場所であることから、ここをさわったり舐めることで、「まんこを舐めてもらえる」と女性に期待をあてられるのと、まんこにも弱い刺激をあたえることができます。

 

 

○目

 

目の玉ではなく、目をとじた時にでる「まゆげと目の間」の「まぶた」の部分が性感帯になります。
まぶたは眼球が内側にあり、皮膚がうすいので、ここをやさしくなでると感じる女性がいます。

 

○ひじ

 

うでの外側でなく、内側が敏感になります。ひじから、脇まで続く裏側の部分が良いでしょう。

 


 

→「管理人のくわしい感想レビュー」はこちら