セックス動画教材はHがうまくなるのに必要なのでしょうか?

動画教材をぜったいに持っておく必要はないと思います。
このサイトではセックスのやり方を「マンコの場所から潮の吹かせ方」まで「基礎の基礎から応用まで」を幅広く解説しています。

じっくり読んでいただければエッチについて、かなりの知識がつくと思いますので心配ありません。(^^)

それでも動画教材をすすめる理由は、文字だけでなく、「映像で正しいエッチのやり方を確認しておいた方が、エッチがやりやすくなる」ためです

「文字だけでセックスのやり方を勉強するより、動画で学べば、映像でリアルなセックスの動きが流れて、イメージがつきやすいので、早く効果的にセックスのやり方が理解できる点」にあります。



セックスは 「テレビや冷蔵庫を組み立てるみたいに、決まった手順通りに、何も考えずに機械的にポンポン作っていけばいいもの」とはちがいます。女性という相手があって、

たとえば、「手で乳首をさわるやり方を身につける場合」には

「さわる指の微妙な動かし方・スピード・乳首をもつ時の強さ」の微妙なさじ加減

までは字だけだと分かりません。動画だと見本の映像で、そこら辺の動きが分かるので、細かい部分まで分かるようになります。



スポーツで考えてみると、「ゴルフのドライバー」の打ち方であれば、
文字だけで「こういう腰の位置で、指ではこうもって..」と字だけで説明されるより

石川遼君みたいなプロのゴルファーが、動画で実際にゴルフスイングをして、スローモーションで打っているシーンが流れて映像で見本を見せてくれれば、イメージがつきやすいと思います。セックスもある意味、男性と女性が動きあいながらことを進めていくので、スポーツと同じことだと思います。

セックスのプロがやっている本当にうまいセックスの動画教材で見本でみることができれば
自分がエッチする時にも同じように真似すればいいので、やりやすくなります。

AV(アダルトDVD)もセックスのプロ・男優がやっていますが、あれは男性を射精させるための「ショー」なので、プライベートのセックスでは参考にできない部分が多いです。ここが初心者向けセックス動画教材とのちがいです。

もちろん「お金が..」と費用の面を気にする人もいると思うので、このサイトの情報やネットにあるセックス解説サイトが他にもあるので無理にとは言いません。ですが費用面で考えると、彼女と1回会う時のお金=「食事代・ラブホテル代の合計の料金」を考えたときに、この教材の代金をどう思うか?という部分ですね。そこの判断はこのサイトの読者さんにお任せしますが。



セックス上達への道は

文字(当サイトのような情報サイト・本)で学ぶ → セックス動画教材で学ぶ  → 自分で本番のセックスで対応できるように復習・手の動きを、動画の真似をする  → たくさんのセックスをこなす

ということを繰り返すのが近道です。

→「つぼみのセックス動画教材の感想」に戻る

セックス動画教材は必要か?字でもいんじゃない?関連ページ

セックス動画教材の選び方・比較ポイント
なぜセックスがへたよりうまい方がいいのか?